ピックアッププレスリリース‐「イカ焼きのしょうちゃん」が、冷凍いか焼き全国普及活動を開始


プレスリリース情報・詳細ページ

会社名/団体名 八重フード
カテゴリ 製飲食業・食品関連業
プレスリリース配信日時 2008/6/20


大阪府東大阪市の八重フードが運営するイカ焼き専門店
「イカ焼きのしょうちゃん」が、いか焼き全国普及活動を開始。
(4枚セット 924円から)
http://www.ikayaki-syouchan.com/

初年度の販売目標は、二千万円です。

イカ焼き商品画像

■しょうちゃんのいか焼きが恐縮ながら、メディア紹介実績もございます。。

 

○一部掲載実績○

毎日放送の深夜番組『たかじんONEMAN』

サンテレビ『お得倶楽部!』

朝日放送ABCテレビショッピング等々

■いか焼きを始めたきっかけ。

 

元々父親が持ち帰り寿司をしながらいか焼きも焼いていました。 私もいか焼きを焼いてみたいと思っていましたが、ただお店で焼いているだけでは近所のいか焼き屋さん、ということで商圏も限られている。

 

これをどうやったら広げていけるか・・・

 

と考えたときに、いか焼きを冷凍にする事を思いつきました。

父の代からいか焼きをはじめ、これを私が冷凍にして全国の方に食べてもらえるようにしました。

 

■たこ焼きはこれだけ普及しているのに、いか焼きは何故普及していないのか?

 

歴史的な背景と諸説はありますが、たこ焼は戦後、食糧が不足し十分ではなかった時代に始まったと言われ、庶民の間に一気に普及していきました。
後にいか焼きがでてきた時には、既にタコ焼がメジャーなファーストフードとしての地位を占めていた為、

いか焼きの認知度は、まだまだタコ焼には及ばないのではないのでしょうか。

 

更に驚く事に、いか焼きは大阪以外の他府県には、ほとんど認知されていません。
いか焼きというと、お祭りの屋台で売られているイカの姿焼きを連想する方がほとんどです。

いか焼きにはタコ焼きのような焼き方のマニュアルがないという事と、オリジナル色が強く、作り方が確立されていない為、お店も少ないということがいえます。

 

二つ目はいか焼きは工程にプレスが含まれているので体力的にキツく、力の入れ具合やタイミングなどが非常に難しいということ。

これもたこ焼屋さんに比べていか焼き屋が少ない理由の一つだと思います。

いか焼きの種類も販売当初から4種類に増え、小さなお子様からお年寄り まで幅広い年齢層に喜んで頂いております。

・タマゴナシ ・タマゴ入り ・チーズ入り ・キムチ入り の4種類



【本件に関するお問い合わせ】------------------------
■ 会社名:八重フード
■ 所在地:大阪府東大阪市三島3丁目7−23
■ 担当者:店舗責任者 笹島正也(ササジママサヤ)
■ TEL:(06)6745-6251
■ FAX:(06)6745-0731
■ HOME PAGE: http://www.ikayaki-syouchan.com/


添付資料 なし
URL http://www.ikayaki-syouchan.com/
プレス記事 こちらから
プレスリリース配信日時

08/6/20  冷凍いか焼きの全国普及活動を開始。




いか焼きを食べたことがある方も、一度も食べたこともない方も、本場の味を味わえます。

実際に社内全員で食味しましたが、味わいや食感は本当に冷凍食品?と思えるほどの美味しさでした。
お歳暮等のギフトなどにも良いかもしれません。



■焼きたてのおいしさをそのまま保存し、再現する事ができる

■生協での販売実績もあり安心安全

■お湯やレンジで温めるだけでOK